看護師転職での面接対策!質問・回答サンプルをチェックしましょう

面接でよく聞かれる質問とは?

面接でよく聞かれる質問とは?

聞かれることの多い質問集

面接で必ず聞かれる質問が大きく分けて4つあります。まずは「志望動機」です。どうしてこの病院・施設を選んだのか、事前に事業所の理念などの情報を収集しておき、自分の考えと共感できるポイントを志望動機に盛り込むと良いでしょう。2つ目は「前の職場を辞めた理由」です。不満があって辞めた人がほとんどでしょうが、ネガティブな表現をしてしまうとマイナスポイントになってしまいます。人間関係が悪くて・・・ではなく、風通しが良くチームワーク抜群の貴院で経験を積みたい、などプラスの印象に変換した表現を心がけましょう。3つ目は、「自分の長所」です。自己PRということですが、単に長所だけを並べるのではなくあなたの長所が病院にとってプラスになるということをアピールできれば効果的です。最後は、「質問はありませんか?」です。特にないと言うよりも、何点か質問しておくと意欲があると感じてもらいやすいので、なるべく考えておきましょう。ただ、給与・休日・福利厚生などの待遇関係の質問は避けるようにしてくださいね。

上手な回答例

それでは、前述での質問に対する回答例を見ていきましょう。まずは志望動機です。
「前職では、急性期病院だったため患者さまにじっくり向き合うことがなかなかできず、自分のやりたい看護は何か迷う時期もありました。いろんな症例を経験できたりと、急性期ならではの良さもありますが、今は一人一人の患者さまに向き合って看護したいと考えています。貴院の病院の理念である、患者さまの立場に立った思いやる医療という言葉に共感し、私も患者さまを一番に考える病院でスキルアップしていきたいと思い志望いたしました。」この内容だと、前職の病院を辞めた理由と、将来なりたい看護師像もアピールできています。

次は、自分の長所です。
「私は行動力がある人間だと思います。以前勤めていた病院では率先して勉強会を開催したり、患者さまにお渡しする用の入院のしおりなどをより読みやすく作成しなおしたりしていました。家族や知人からもこの行動力は羨ましがられており、自分の好きな部分です。」第三者の客観的な言葉も入れてあげると効果的ですよ。

最後は、質問はありませんか?です。例えば、「産休後の女性の復職率は?」「社内の雰囲気は?」「入職したあとはどんな流れですか?」など、あなたが入職するにあたって本当に気になることを聞いてみます。面接の中で回答を得てしまうケースがあるので、質問はだいたい5つくらい準備しておくと良いですよ。面接での最後のアピールタイムになりますので、病院に対して興味・関心があるということをしっかり伝えましょう。

人気の記事

.

履歴書で好印象を与えるには?

履歴書は転職する看護師にとって、とても重要なアピールツールです。しかし、いざ書き始めてみると「ここはどう書くのが正しい?」と、ペンが止まってしまうこともよくありますよね。
こちらでは、日付・学歴・資格などを記入する際のルールをはじめ、伝えてよい希望や避けたほうが良い内容などを丁寧にご紹介しています。写真添付の細かい気遣いなど、参考にしたい内容が満載ですよ。好印象の履歴書で転職を成功させたい方は、事前にしっかりご確認ください!
.

イロイロある転職方法

看護師の転職先探しにはいくつかの方法があります。それぞれの特徴をしっかり確認しましょう!
・【オススメ求人サイト】情報量が多く、コンサルタントが心強い
・【知人の紹介】内部情報が事前によく分かり、採用率が高い
・【ハローワーク】地方の求人に強く、気軽に利用できる
満足のいく転職を叶えるためには、デメリットを理解することも大切。こちらではさらに詳しく転職先探しの注意点をご紹介しています。
Copyright 絶対受かる!看護師求職 How & Do! All rights reserved.