看護師の転職面接、やってはいけないNG回答はこれだ!

面接で避けるべきNG回答

面接で避けるべきNG回答

面接ではネガティブな退職理由はNG

転職面接では前職の退職理由を問う質問が頻出します。転職の理由の上位には、人間関係の問題や待遇が悪かったことなどがありますが、面接でそれをそのまま回答するのはNGです。なぜなら、ネガティブな退職理由は、相手に「また不満を抱いて辞めてしまうのでは?」という懸念を抱かせてしまうからです。とはいえ面接で全くの嘘をつくのはおすすめできないので、ネガティブな退職理由はポジティブな内容に置き換えることを意識しましょう。例えば人間関係が悪くて退職している場合は、「職種を越えてチームで協力し、レベルアップできる職場で働きたいと思い転職を決めました」と回答してはいかがでしょうか。不満があって退職した場合も、「次はこうしたい」という希望があるはずです。面接ではその部分を中心に回答すれば良いでしょう。

条件や待遇を志望理由にしない

退職理由に並んで多いのが、「志望理由を教えてください」という質問です。この質問には、仕事への意欲や、病院や施設の特徴を正しく理解しているかを確かめる意図があります。そのため志望理由では、「その病院だからこそ働きたい」という思いを伝えることがとても大切。時々、「夜勤がないから」「家から近かったから」といった条件を志望理由に挙げる人がいますが、それでは意欲は伝わりません。待遇や条件を理由にすると、「病院やその仕事自体に興味があるわけではない」と判断されてしまうかもしれません。志望動機を考える時は、あらかじめ応募先の理念や看護の考え方をよく調べ、自分がどこに共感できるか、魅力を感じるかを把握してください。それを踏まえて志望動機をつくると、より説得力のある内容に仕上がるでしょう。

わかりきったことを質問しない

面接の最後には、面接官から「何か質問はありますか?」と逆質問をされることがあります。逆質問をされたら自分が疑問に思うことを尋ねれば良いのですが、病院や施設のWebサイトで確認できること、求人票に明記されていることを聞くのはNGです。事前の調べが足りず、意欲がないと思われてしまいます。すでに提示されている情報についてさらに知りたい時は、「求人票には○○とありましたが、具体的な内容を教えていただいてもよろしいでしょうか」という風に、聞き方を工夫すると良いでしょう。逆質問は仕事への意欲を伝えるチャンスでもあるので、何かしらの質問を用意しておくのがおすすめです。

人気の記事

.

履歴書で好印象を与えるには?

履歴書は転職する看護師にとって、とても重要なアピールツールです。しかし、いざ書き始めてみると「ここはどう書くのが正しい?」と、ペンが止まってしまうこともよくありますよね。
こちらでは、日付・学歴・資格などを記入する際のルールをはじめ、伝えてよい希望や避けたほうが良い内容などを丁寧にご紹介しています。写真添付の細かい気遣いなど、参考にしたい内容が満載ですよ。好印象の履歴書で転職を成功させたい方は、事前にしっかりご確認ください!
.

イロイロある転職方法

看護師の転職先探しにはいくつかの方法があります。それぞれの特徴をしっかり確認しましょう!
・【オススメ求人サイト】情報量が多く、コンサルタントが心強い
・【知人の紹介】内部情報が事前によく分かり、採用率が高い
・【ハローワーク】地方の求人に強く、気軽に利用できる
満足のいく転職を叶えるためには、デメリットを理解することも大切。こちらではさらに詳しく転職先探しの注意点をご紹介しています。
Copyright 絶対受かる!看護師求職 How & Do! All rights reserved.